電動工具はバッテリーの互換性が重要です


まず、電動工具を使用する場合には、圧倒的にバッテリー式がいいです。

最近は、バッテリーが飛躍的に進化してますので、有線の電動工具と比較しても、遜色ないレベルです。

しかも、コードがありませんので、取り回し使い勝手が非常にいいことは容易に想像できると思います。

1日同じ作業を同じ電動工具を使用する場合は、有線の電動工具の方がいいですね。

では、バッテリー式電動工具を選ぶ上で重要なことはなんでしょうか?それは、ズバリ、バッテリーの互換性です。

まず、購入時の負担から違ってきます。

バッテリー式の電動工具を購入する際に、バッテリーのあるなしで、値段が1万円程度違います。

同じメーカーの同じ規格のバッテリーの差し込み口のものでしたら互換性がありますので、バッテリー何個も買うことがありません。

(例)マキタのインパクトを持っているのであれば、同じ出力のマキタの電動丸ノコを購入すればいいわけです。

バッテリーの互換性が保てるので、本体だけを購入すればいいわけです。

有線の電動工具を使用する場合には、あまり関係のないことですが、バッテリーの工具を使用する際には、大変重要です。

このことに気をつけて電動工具を揃えるようにしましょう。