両親の実家の遺品整理


転勤の多い仕事をしていたので、両親の元になかなか帰る機会が少なくなっていました。

数年前に父が他界し、そして母も介護を必要として老人ホームに入居していました。

しばらく実家は空き家となっていたのですが、この度、母も他界、もはや帰る見込みのない実家の処分を検討することにしました。

両親の遺品を丁寧に整理して残すべきものは残して、遺品整理をしようと思いました。

しかし何度も頻繁に自身で足を運んでのお片付けをするだけの時間も労力も現実にはないので、両親の住んでいた地域で遺品整理会社を探して契約をしました。

もちろん遺品処分に関しては、ぜひ残したいものもあるので、当日は実家に立ち会って、どのような方針で不用品処分をしていくかという方針を決めました。

長年暮らしていた一戸建てなので、かなりの部分は不用品といえたのですが、例えばタンスの中や封筒の中身に重要なものがあるかもしれないので、大胆な処分はできずに、ひとつひとつを手作業でしてもらいました。

大量の不用品も、不用品回収のノウハウで、まとめて処分してくれたので、わずか一日の間に一戸建ての家の中がすっかり空っぽになりました。

当初は両親のいなくなった後も大量の荷物が残っていましたし、どこに大切なものがまだあるかもわからないといった状況だったので、かなり気が重くなっていました。

しかし遺品整理のプロの手で手際よく次々に片付けられていったので、大助かりとなりました。